【オリックス銀行カードローン】来店不要で最短即日の審査時間

低金利が魅力の最短即日審査のオリックス銀行カードローン

金利や限度額といった借り入れ条件で選ぶならオリックス銀行カードローンが人気です。最短即日審査の素早い審査時間、パソコンやスマートフォンで来店不要の借り入れ、銀行のカードローンでありながらスムーズな申し込み手続きと、人気であるということも納得のカードローンとなっています。また、銀行のカードローンであることから消費者金融とは違ったメリットもあるため、それらの申し込み条件や審査情報を確認してからの申し込みをすると良いでしょう。

オリックス銀行カードローン申し込み審査情報

  • 申し込みはパソコンやスマートフォンで来店不要のスムーズな手続き
  • 金利は業界最低水準の年利3.0%〜17.8%で利息負担を抑えた借り入れに
  • 限度額は銀行カードローンならではの最高800万円でゆとりの融資額
  • 審査は最短即日のスピード対応で審査結果の連絡は希望通りの連絡方法
  • 借り入れの希望額が300万円以下なら面倒な所得証明の提出は不要
  • 他社からの借り換えや複数の業者からの借り入れのおまとめもOK
  • アルバイトやパートの方でも収入があればネットで申し込み可能
  • 全国に設置された数多くの提携ATMは終日利用手数料無料

オリックス銀行カードローンのポイントを確認

低金利で高限度額の借り入れが可能ということで人気のカードローンのオリックス銀行は、審査は最短即日で申し込みは来店不要、契約などに関しても来店をすることなく郵送で完結できるため、スムーズに借り入れまで行う事が出来ます。

オリックス銀行カードローンの金利や限度額などの基本スペック

オリックス銀行カードローン 年利 限度額 審査時間
3.0%〜17.8% 最高800万円 最短即日
希望額が300万円以下なら所得証明不要のカードローン
申し込みも審査もパソコンやスマートフォンで来店不要の手続き
低金利を生かして他社の高い金利からの借り換えで利息負担を軽減
多くの業者からの借り入れをおまとめ可能な高い限度額
借り入れ残高が30万円以下なら月々の偏差は7,000円から
他社に借り入れがあってもお申込可能で人気のカードローン

低い金利や高い限度額での融資を希望される方に人気のオリックス銀行カードローンは、消費者金融などで他社で借りている方であっても申し込みが可能です。もちろん通常のキャッシングとしてのカードローンの利用も出来ますが、せっかくの低金利カードローンですので借り換えなども考えてみると今後の返済の負担も軽くなるのではないでしょうか。

▼高い金利から低い金利への借り換えの利点を知る

一般的に消費者金融からのキャッシングは金利が高いものです。初回の場合や少額の借り入れの場合は大体が実質年率で17.8%前後といった金利になっていますが、この年率というのは例えば30万円のキャッシングを30日間行うと4,389円の利息、50万円の融資額とすると7,315円もの利息が発生していることになります。
仕方ない事ではあるのですが、カードローンなどの利息の払いというのは無駄な支払いと言えます。完済へ向けてスムーズな返済をするのであれば利息の負担は減らす必要があり、そこで考えてみたいのが低金利への借り換えということになります。

▼金利差による利息の負担の違い

実質年率17.8%で50万円を借りているとすると、30日間では上記のように7,315円の利息となります。この金額と期間で金利が違うとどれだけ利息の負担が違うかを簡単に計算をしたのが以下となり、低金利のカードローンとなっているオリックス銀行カードローンであれば、このように利息の負担を減らすことも考えられます。
【年利15.0%の場合】6,164円(差額1,151円)
【年利12.0%の場合】4,931円(差額2,384円)
【年利 9.0%の場合】 3,698円(差額3,617円)
【年利 6.0%の場合】 2,465円(差額4,850円)
【年利 3.0%の場合】 1,232円(差額6,083円)
17.8%と15.0%では大した違いに見えないかもしれませんが、たったこれだけの金利差でも一月あたりの利息負担は1,000円以上違ってきます。カードローンの利息計算は借り入れ残高によって出されるという事を考えると、「利息の負担が小さい = より多くの元金分の返済が出来る」となるために返済を続ければ続けるほどに利息の差額は広がっていきます。完済をすることには言うまでもなく利息総額には大きな開きが出来ており、利息の負担が少なくなれば毎月の返済金額も小さく抑えられるので、よりスムーズな返済リズムを作り上げることが可能となります。

▼ネットで24時間お申込受付中▼

オリックス銀行カードローンでのおまとめを考える

消費者金融でのキャッシングなどは、件数が増えてくると返済が非常に苦しくなってきます。1件だけなら毎月の返済もスムーズに行えていたものが、何らかの拍子で2件に増えてしまうと、その返済をするためにさらに他の業者からの借りてしまうなどして、それこそ文字通り雪だるま式に件数が増えてしまうものです。このようにして増えてしまった借り入れというのは余裕を持って返済をする事は難しく、毎月の最低返済額の支払いだけでもギリギリとなってしまうでしょう。これではいつまで経っても終わりが見えませんので、返済を立て直すためのおまとめを検討する必要もあります。

▼おまとめローンにより軽減される返済の手間

多くの借り入れを1社にまとめる「おまとめローン」では、色々な面で大きなメリットがあると言えます。まずは借り入れ先が1社になることによる返済の手間が軽減されます。今までは何社も返済をしていたので毎月の返済期日や金額の確認がありましたが、それが1社で済むために楽に返済の管理が出来るようになります。また、それぞれの業者への返済を振り込みで行っていた場合などは返済件数に応じて振り込み手数料がかかってしまいますが、1社への返済であればその負担も軽減されます。

▼借り入れをまとめることによって期待できる金利の低下

カードローンやキャッシングなどは金額が小さいと金利が高く、逆に金額が大きい契約であれば金利は低く設定されます。利息制限法そのものでも定められている事ですが、10万円未満では年率20.0%、10万円から100万円では年率18.0%、100万円を超える場合は年率15.0%と定められています。そのため、例えば30万円や50万円といった借り入れを複数の業者から行っていると、それぞれの年率が18.0%などとなっている場合が多く、合計金額自体は100万円を超えているのに年率が利息制限法の定める15.0%よりも高くなっているという事があります。これは違法な事でも何でもなく、1社あたりの貸し付けに関してはしっかりと利息制限法の定める利率で貸し付けを行っているので仕方のないことです。
そこで、このばらばらに借りている総額で大きな金額を1社にまとめるとすると、例えばキャッシングの総額が200万円であれば年率は上限でも15.0%となりますが、オリックス銀行カードローンで200万円の契約を行ったとすると年利は6.0%〜12.8%となります。最大で18.0%の3分の1まで金利を下げることができ、毎月の利息負担を大きく軽減することが出来るのがオリックス銀行でのおまとめカードローンの魅力です。

▼200万円のおまとめ時の利息負担の違いを比較

上記の総額200万円を例にとり、ばらばらに借りている時とおまとめをした際の利息の比較をしたんが以下になります。借入残高によって利息が変わるキャッシングなどにおいては、利息負担が小さいということは翌月以降の利息負担には更に差が出来る事になり、最終的な利息総額には大きな開きが出来るので金利面や利息負担はしっかりとチェックしておく方が良いです。
総額200万円をばらばらに18.0%の年率で借りている場合
30日間で発生する利息総額は約29,589円
オリックス銀行カードローンで200万円のおまとめの場合
30日間で発生する利息は9,863円〜21,041円
この利息差は大げさな話ではなく、オリックス銀行カードローンでは200万円の限度額では「200万円コース」の金利になるため、このような利息の開きが出てきます。利息負担が軽くなるという事は毎月の返済金額の縮小も期待できますので、今の返済金額だとぎりぎりで少し厳しいという方も、おまとめによるスムーズな返済に期待してみるのも良いでしょう。

▼ネットで24時間お申込受付中▼

なぜオリックス銀行カードローンが選ばれるか

数ある消費者金融や銀行のカードローンの中でも、オリックス銀行のカードローンは人気が高くなっています。単純な金利比較だけであれば大手都市銀行のカードローンの方が低い場合もあり、融資までのスピードだけを見ればプロミスなどの方が素早いのも事実です。しかし、その中でも支持されるというのには、やはりそれなりの理由があります。

▼大手都市銀行には無いスムーズな申し込み手続き

オリックス銀行カードローンは文字通り銀行のカードローンですが、大手都市銀行のカードローンなどにありがちな「借りるための口座開設」不要となっています。そのため、オリックス銀行の銀行口座をお持ちでなくても申し込みも借り入れも返済も可能であり、カードローンの申し込み手続き以外に面倒な口座開設手続きが必要になるということもありませんので、非常にスムーズな申し込みが出来るようになっています。

▼希望額が300万円以下なら所得証明不要で最短即日審査

消費者金融では借りるまでが最短即日などのスピードが素早いという利点がありますが、その代わりに消費者金融に対する規制というのは色々と厳しくなっています。その中での大きな点としては「50万円を超える貸し付け」「他社とあわせて100万円を超える」場合は所得証明が必要となるというところです。給与明細などで構わないのでそこまで面倒な書類ではありませんが、オリックス銀行カードローンであれば「希望額が300万円以下」なら所得証明が不要となっているので、消費者金融よりも余裕を持った限度額の希望が出せるということになります。また、審査自体も最短即日、カードが手元に届くまでは3営業日ほどとなっているので、そこまで時間をかけずに低金利でのカードローンも可能となります。

▼低金利だからこそのゆとりのある返済

業界最低水準の金利である年利3.0%〜17.8%のオリックス銀行カードローンは、その低金利からの利息負担の小ささで、毎月の返済金額が少なくなっているのも大きな特徴の一つです。他社のキャッシングでは毎月の返済が厳しいという方でも、オリックス銀行であれば余裕を持った返済も可能となるかもしれません。以下は借り入れ金額と返済金額の一覧となりますので、今現在キャッシングなどを利用しているという方は現在の返済金額と比較してみると良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの返済金額

▼ジャパンネット銀行でもっと便利に借りる

オリックス銀行カードローンでは申し込み当日の振り込み融資には対応していませんが、契約後であればメンバーズサイトより振り込みによる借り入れを行う事が出来ます。通常は銀行の営業時間内であれば即日の振り込み融資となりますが、時間外の場合は翌営業日扱いとなります。しかし、ジャパンネット銀行宛であれば僅かなメンテナンス時間を除いて24時間即時振り込み融資が可能となっており、例えば夜中などに急な誘いでお金が必要になってしまったという場合でも助かります。予めパソコンなどで振り込み指示を出しておけば、あまり見られたくないローンカードを出す事なく、ジャパンネット銀行のキャッシュカードで預金を引き出すようにお金をコンビニなどでおろすことが出来て非常に便利です。

▼ネットで24時間お申込受付中▼

オリックス銀行カードローンと他社の比較

低金利といわれているオリックス銀行カードローンは、他社と比べると実際にどの程度の金利差や限度額の違いがあるのかを比べたのが以下の表となります。比較対象は即日の融資に人気のプロミスとなりますが、どうしても急ぎで借りたいという場合を除けば、オリックス銀行カードローンが金利面や限度額の面ではリードしているということになります。

プロミス 実質年率 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分回答
所得証明について 50万円以上の希望額、または希望額と他社の利用残高が合計で100万円を超える場合は必要
平日14時までのパソコンやスマートフォンからインターネットでのWeb契約で即日融資も可能

プロミスも大手の消費者金融という事でサービス面などでの評価が高いですが、やはり消費者金融であることから総量規制の関係などもあり、銀行のカードローンには申し込み条件ではどうしても見劣ってしまう場合もあります。しかし、緊急的なお金のピンチなどであれば素早い審査と素早い融資は助かりますので、いつまでに借りたいのかということや返済のバランスなどを考えて、申し込みを行う借り入れ先を決めると良いでしょう。